2008年06月22日

大団円

アトルガンに戻り、会社に顔を出したらば、ナジャ社長に皇宮からのお召しがあったとのこと。

一緒に行くからといわれ、着て行く服にちと悩み・・・今回はノーブルにしてみました。(笑)

なんとなく帽子を脱いじゃったのは、気分です。(/ω\)

 

皇宮には、アルタナ四国の特使が招かれておりました。

この特使がまた、ヴォルフガング、ハルヴァー、フォルカー、カラババという豪華な顔ぶれ。

ナシュメラはあらためて聖皇として姿を現し、これまでの経緯を謝罪して、戴冠を認めて欲しいと話し掛けます。

アルタナ四国とは元のように緩やかな相互不可侵の関係に戻し、東方諸国とも友好的な関係を築くべく働きかけていると言います。

そして、東方諸国との話し合いに一役買ったのがゲッショーでした。

すぐには和議に応じられないが、諸侯の説得にあたろうと言う帝の返事を、ゲッショーはナシュメラの元に持ち帰ってきました。

今、アルタナ四国とだけ友好条約を結べば、東の国はそれを脅威と感じ、不要な戦乱が起こることもありえます。

両国共にアトルガンとの和解ができたとき、新しい国際関係が現実のものとなるのでしょう。

しかし、アルタナ四国には懸念がひとつありました。

ナイズル島に放置されたままの機関巨人の残骸です。

機関巨人の内部に時空の歪が見つかっており、シャ・・・カラババ様によると、機関巨人はこの世界とアストラル界との接点・ アストラルゲートとなっているため、このまま処分するわけにはいかないのだとか。

シャントッ・・・カラババ様は、アストラルゲートにも魔笛にも興味津々のご様子。

これも現状維持のまま調査を進め、そのうちに各国の協力の下、最善の処分が取られることでしょう。

いよいよ戴冠ですが、ナシュメラが私に戴冠を頼みたいと言い出しました。

ところが王冠がありません。

ガッサドが溶かして何かの部品にしてしまったと言うのです。

それは・・・

機関巨人復活のために壊されたはずの、アヴゼンとメネジンでした。

元のアヴゼンとメネジンは、自立タイプのオートマトンではなかったのですが、修理して自立回路を付けたとたん、動いて喋って・・・。

しかも、言葉の端々に、元の所有者であるラズファードの記憶が残っていたり。

ナシュメラにとっては、何よりも嬉しい贈り物だったことでしょう。

「わらわの王冠は、アヴゼンとメネジンに生まれ変わりました。」

「代わりにそなたの心を王冠として授けてくれますか?」

もちろん、よろこんで!

タルタルだから、必死に背伸びして手を差し伸べてます。(笑)

これはきっと私の心だけの王冠じゃないはず・・・ルザフが最後に言い残したように、アトルガンとイフラマドの民の心でもあるはずです。

聖皇としての覚悟を決めて、少し成長したナシュメラが、確かにそこにいました。

 

皇宮から、この度の功労者であるナジャ社長には多額の報奨金を、私にはバルラーンリングを賜りました。

帰ろうと思ったところを、いきなりメネジンに呼び止められ、皇国旗をもらいます。

「これからも、ナシュメラを陰で支えてやってくれ。」

「あいつはこの混迷の世に未来を灯す、このアトルガンの宝なのだ。」

・・・これは、メネジンじゃない・・・!?

実は最後までナシュメラのことを気遣っていた、ラズファードからのメッセージのように思えてなりません。

立場と手段は違っても、アトルガンのことを思う気持ちは同じだったこと、今更のように感じました。

もう少し早くわかり合えてたら、もっと幸せな結末が待っていたのかもしれません。

でも、今の彼女ならばきっと大丈夫と、信じます。

 

この後、会社に帰ると、ナジャ社長からグローリークラウンを返してもらえましたが、またまた一悶着ありまして。

結局、泣く子と社長には勝てないという、おそまつな結末でございました。(/ω\)

 

最後に、AM後半戦に誘ってくださったパミミさんをはじめ、ご一緒してくださったみなさん。

楽しいミッションをありがとうございました。

また、どこかでお会いできると嬉しいです。

その時は、一緒に遊んでやってくださいね。

 



posted by izumi at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | FFXI日記 アトルガンM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめと〜。

とんとんしてきたんだねぇww
でもナジャ社長に樽だとどうやってやるのかな?w
エルは普通に立ってできたけど樽は。。。。。w

脚立か!Σ(’□’ノノ

Posted by ぼると at 2008年06月27日 09:04
ぼるとさん。

ありがと〜!
やっと終わりました。ヽ(´ー`)ノ
イベントが長いけど、すごく楽しめました。
神様も一緒でしたしね。(笑)

戴冠式も社長室も、タルタルスツールが欲しいと思ったのは、ナイショだ。(/ω\)
Posted by izumi at 2008年06月27日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。