2009年12月10日

フ・ゾイの王宮探検

PMのお手伝いも「選ばれし死」までやってきました。

フ・ゾイの王宮最深部に向かいます。

何が面倒って・・・途中のドアは担当のNPCを護衛しつつ開けてもらい、更に王宮各所にいるNPCに話し掛けて地図をもらうと言う、 この行程。

地図取りをしなければそれなりに進めるのですが、最短ルートから離れたところにも地図のNPCがいますので、どうしても長丁場になります。

あとからソロで進めるにしても無理がありますし、ここはがんばって地図も狙うことにしました。

そして、一応「暁」まで終わっているはずのワタクシ。

フ・ゾイの王宮で、地図を取り損ねておりましたので、この際みなさんに便乗しまして地図をいただくことに。(/ω\)

さらにさらに、ラーニングの野望(?)まで秘めたタルタルは、青魔道士でちゃっかりと参加するのでありました。

 

王宮内のアクティブは、ゼデー(壺)、ユブヒ(開花状態)、ゴラホ(ボール状でない時)。

ゼデーは反応炉冷却のアイススパイクがいやらしく、麻痺の深度もそこそこ。

ディスペルできないので止める以外ないのですが、かなりシビアです。

結局1〜2回しか止められず、かなり皆さんは、大変だったと思います。申し訳ない・・・。m(__)m

 

ユブヒは幸いにして、ほとんど蕾状でした。

ただ、地図のNPCがいる場所に、どっかりと2体も開花状態で漂ってまして・・・。

こればかりはどうしようもないので、実力行使。

そして、ここのNPCに話し掛け、ほぼ2年ぶりに地図をゲットしたワタクシでありました。(/ω\)

開花状態のユブヒからは、バーチカルクリーヴという青魔法が修得できるのですが、 残念ながらラーニングは出来ませんでした。

そのかわり、道中たくさんいるゴラホとはかなりの確率で戦うことになりまして、おかげさまでA. バースト(アクチニックバースト:自身の周囲の敵の命中率を短時間著しく下げる。)をラーニング!

これとプラズマチャージをセットするだけでオートリフレシュの効果が得られますので、 魔法セットがまたひとつ楽しくなるかなと。(*´Д`*)

 

そんな道中も、最奥の扉でのゴラホNM戦で締めくくり。

通常のゴラホは鳥や蜘蛛に擬態しますが、こちらのNMは人に擬態します。

どことなくユーモラスな姿ではありますが、一撃一撃が重いんですよねぇ。

前回は遠くから眺めるだけだったので、「こんな構造だったのか!」とNMに感心することしきり。

ひやっとする場面はあったものの、とりあえず撃破して、ミッション組の方々にはイベントを堪能していただきました。

イベントの内容はかなり重いのですが、このあたりからいよいよ核心に迫ってきます。

本年のPMはここで一区切りです。

また来年、暁まで楽しくご一緒できますように。



posted by izumi at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FFXI日記 プロマシアM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。