2011年12月16日

最後の試練、リベンジ!

レベルキャップ解放の最後の試練・・・残念ながら、1回目のチャレンジは負けてしまいました。

アトリトゥトリのエンファイアが地味に痛いのと、こちらの攻撃にダメージキャップがあるのとがしんどい!・・・ということで、 同じメンバーで構成を変えてリベンジする事になりました。

庭のノマドモーグリに話し掛けて、今度はク・ビアの闘技場に飛ばしてもらいました。

場所を変えたのは、まあ・・・験担ぎですかねぇ。(笑)

三国ミッションの骨戦を思い出して、モンクが燃える舞台だなあとワクワクしていたのは、ナイショ。ヽ(´ー`)ノ

 前回:モ×3、召、踊、詩。弱体アイテムなし。
        ↓
 今回:モ×3、召、青、学。弱体アイテムなし。

さらに、こちらも灼熱の咆哮でエンファイアを付け、オーラでWS回転率を上げ、範囲ストンスキン・ファランクスで防御を固めます。

青も削りに参加しつつ、適宜スタン系青魔法を撃ちます。

モンクは蝉を張りつつひたすら攻撃、TP貯まり次第、夢想阿修羅拳を撃ちます。

6割ほど削ったあたりで、召喚が絶対防御発動。

お師匠の百烈拳に合わせて、モンクが百烈拳発動。

この作戦で、かなり余裕を持ってお師匠を撃破できました。

灼熱の咆哮がなかなかに良い追加ダメを出してまして、1戦目から使っておけば勝てたかも・・・と思わせたほど。

オーラもとんでもない性能で、明らかに1戦目とはWSの回数が違ってました。

ル・ルデの庭に行ってノマドモーグリに報告、レベルキャップが99になりました。ヽ(´ー`)ノ

出番が多い割に95になってないジョブもありますので、当分はスキル上げできるところで、経験値稼ぎでしょうか。

五行素材とか、メイジャン強化用の素材取りもありそうですし、まったりまったり遊ぶとしましょう。

 

おまけ。

被ダメがすごいと言うことで、モンク3名、あれこれHP増強装備をつけまくったのですが、ボムクィーンリングだけは提案即却下されました。

提案した人も、「やっぱりそうかな・・・」と薄々思ってたらしいんですけど。(笑)



posted by izumi at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | FFXI日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リベンジ成功、おめでとうございました!
ボムクィーンリング……。
きっと1戦目なら許してくれたよ!きっと!
Posted by ささ at 2011年12月22日 23:32
さささん。

ありがとうございます!
弱体アイテムを作ろうかと思ったのですが、スタン魔法もあるし、いけそうだなということで。
弱体アイテム前提で、精霊マラソンぽく倒す戦法もあるようですね。
こっちもちょっとやってみたい気がします。(笑)

ボムクィーンリング・・・情報のない1戦目なら、きっと気付かなかったでしょうねぇ。(笑)
耐性下げる装備は、なかなか使いどころが難しいです。
Posted by izumi at 2011年12月23日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。