2007年09月03日

ついに傭兵契約

アルタナ四国での山猫クエも終了し、晴れてアルザビに向かう赤猫です。

チョコボでマウラに向かうと、運良くアルザビ行きの船が到着するところでした。

マウラ−アルザビ間の航路地図は、こんなんでした。

外洋だからでしょうか・・・シンプルですねえ。(^_^;)

/media/img_20070904T010058765.jpg

 

アルザビに到着したら、まずはレンタルハウスを借り、ナジャ社長のところに行って話を聞きます。

監視哨に不滅隊への差し入れを届ける仕事を仰せつかるわけです。

移送の幻灯・・・【タルタル】の時は実装間もなくで、フレやらLSメンやら多人数で開通に出かけましたが、今回はソロです。

しかも、【タルタル】と一緒に出かけられないので地図はなし、攻略情報を調べて行ってきました。

まずは、いちばん簡単といわれているマムージャ監視哨へ。

チョコボで地図のないワジャーム樹林をひた走り、マムークに入ろうとしたら、なんとエジワ。(/ω\)

マムークに抜ける木の茂った細道を見つけられずに、かなり長いことうろうろしてしまいました。

ようやくマムークに入ったので適当に見当をつけて走り回り、トカゲがいっぱいの通路に出ましたので、一旦ログアウトしてから【タルタル】 でインし、地図を確認する事にしました。

ところが!

再ログインしたとき、ちょうど黒魔タイプのマムージャが後ろに沸いてて、呪文の詠唱が聞こえたので、反射的にデジョン。

・・・残りHP30で到着したのは、ジュノでした。Orz

しかも、ご丁寧にスリップまで入れられてたらしく、一瞬でダウン・・・。くぅ・・・。

慣れてる人なら、もしかするとコンバートで凌げる場面だったんだろうになあ。

気を取り直して、再度船に乗りアルザビへ向かいました。

こんな風景を見て、ちょこっと気持ちが癒されたり。

 

やっぱり地図は買っとくべきだと港で地図を購入し、HPを白門に設定し、その足でチョコボにのってワジャーム樹林へ出ました。

今度はあっさりとマムーク入りです。

こそっと【タルタル】で予行演習もしたので、無事マムージャ監視哨へ到着。ヽ(´ー`)ノ

白門へ戻り、ナジャ社長のすごい商売人根性を見せ付けられながらも、2等傭兵となりました。

ちょうどビシージが来そうだったので、このまま参加。

ちまちまと回復やら強化やらしまして、1000ちょっとのポイントをいただいてきました。

とっても死ににくくなっているし、なにより時間制限があるのがありがたい。

しばらくは、ビシージで戦績を稼ぐ事になりそうです。

 

次の移送の幻灯は、ハルブーンあたりかなあ?

赤/黒ではまだエスケプが使えないので、洞窟の中を抜けることになりそう。

フランがいるかもしれないので、オイルとパウダー、山ほど持って行って来ます。('◇')ゞ

 

いつぞや、ゆかわささんのブログで 「機船航路の行き先表示の看板は、手作業でひっくり返してる」と言う記事を見て、 いつか見てみたいと思ってました。

船を待っていると、ついにその現場を目撃!

ホントに手作業でした〜!(/ω\)

ちなみに、上のSSのセルビナ行きのマークは、セルビナの街のゲートの上にかかれたものと同じでした。

小さくて見づらいけど、これこれっ!

posted by izumi at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | FFXI日記 赤猫さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の勝手な考えですが、セルビナはバスの支配領なので基本になる色は青、マウラはウィンの支配領なので基本となる色は緑・・・と思っています。
Posted by 金太郎 at 2007年09月04日 12:01
金太郎さん。

いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

そういえばそうですね〜。
マークの色にまでは考えが至っていませんでした。
セルビナはザルクヘイムですから、確かにバスと関係が深いかも。
マウラにはウィンダスの総督府だったかな?それもありましたね。
余談ですが、ココで使ってる踏み台がタルタルにはとても羨ましくて、家具として欲しいと思いつづけてます。(笑)
Posted by izumi at 2007年09月04日 14:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。