2008年05月22日

灼熱の地から、極寒の地まで

固定PTその2となった感のある「ちっちゃいものくらぶ」。

参加ジョブが50をすぎて、それぞれAFクエストをやってきているのですが、青AF2と獣AF2は戦闘があるので、 みんなで行ってみようということになりました。

青AF2はワタクシ、獣AF2はフレのDタルさんです。

安全策をとって、全員レベル70以上のジョブに着替え、忍白赤モ(いずみ)で。

まずはナバゴ処刑場で青AF2「兆候」のBF戦です。

内容はなかなかに重いものがあるので、AF3「変容」が終わった時にまとめて記事にしてみたいと思います。

ハルブーン監視哨に飛び、ゼオルム火山からナバゴ処刑場に入ります。

ゼオルム火山の門を開けてトロールの本拠地に向かう辺りは、ワモーラ幼虫を狩る少人数PTがいます。

おかげで成虫も見かけず、楽に通ることが出来ました。

怖かったのは、ハルブーンを抜けて、再びゼオルム火山に出た先です。

ワモーラとダハクの巣で、もちろん成虫も幼虫もたくさんいます。

なんというか・・・人によっては生理的嫌悪感が湧き上がってきそうな場所です。(´;ω;`)

ここのダハクは見破りが無かったと思うのですが、みるからに凶悪そうな外見で、不必要にドキドキ・・・。

なんとか無事にナバゴ処刑場へ到着しました。(´Д`;)ヾ

敵はフラン1体、BFに入る人数によって、3人当たり1体の割合で増殖します。

フランに敵対行動をとったら増殖するので、一瞬ビックリするかも。

増殖した黄色ネームを寝かして、各個撃破に入ります。

格闘武器がどこまで通用するか不安はありましたが、拍子抜けするくらいにあっさり削れまして・・・。

「ちょwよわw」

「えらく弱いww」

「まあAF2だからw」

他のAFクエストのNMは、妙に強くて困ったこともありましたが、ほんとは装備レベル1PTで倒せるくらいのがいいのでしょうね。

倒した後は特にイベントも何もなく、ナバゴ処刑場のBF出口に飛ばされます。

そこで、

「この際、獣AF2もいっちゃおう!ヽ(´ー`)ノ」

ということで、テレポヴァズしていただいて、フェ・インへ向かいます。

ここは道中絡まれないので、移動が楽なこと。

これで移動距離が短ければ、もっとありがたいのですが。(笑)

獣AF2は、フェ・イン地下の3箇所の池に花を供えて、最後に花を供えたところにお化けが沸くので、倒すんだそうです。

ここでも池の周りは絡まない楽。

3箇所目、どこで戦闘しようかと見渡してみたところ、あいてる通路もありましたが、池近くの壺を掃除してこの場で戦闘する事になりました。

こちらもそれほど苦戦することなく撃破。お手伝い、ありがとうございました!

「移動の方が時間かかったねえ」

「灼熱の地から、極寒の地までw」

「w」

このときご一緒したDタルさんの名台詞、記事のタイトルに借用させていただきました。m(__)m

 

青AF2は、クリア後にメガスチャルク(足装備)がもらえます。

52から装備可能なので、次回PTまでにきっちりゲットしておかなければ。(笑)

posted by izumi at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | FFXI日記 AF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二つのAFげっつ、お疲れ様&おめでとうございました('∇')
世界をまたにかけた大移動でしたねwww

そういえば私たちの白AF3の時も戦闘よりも移動に時間がかかってましたのう(´∀`)
あの頃からするとお互い強くなったものですね〜。
からまれずに行ける場所が増えたのは便利ですが、移動に時間がかかるのはあまり変わらないのがちょっと残念┐(´ー`)┌
Posted by ララ at 2008年05月26日 18:35
ララさん。

ありがとうございます〜。
テレポとか移送の幻灯とかなかったら、どれだけかかるんでしょうか。(´Д`;)ヾ
移動魔法とは便利なものだと、しみじみ。

白AF3も、そうでしたねえ。
フェ・インへのアクセスの悪さが、一番の敵だったという感じで。(笑)
ひさしぶりに、あの頃を懐かしく思い出しました。
Posted by izumi at 2008年05月26日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97907849
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。