2008年08月27日

アトルガンミッション、再び!

フレさんずがアトルガン・ミッションを進めたいとのことで、私もお手伝いをしています。

そもそもそんな話になったのは、フレさんのコルセアAF3のBF戦に行きまして、アシュタリフ号のところで「漆黒の柩」 のイベントが始まったから。(笑)

「なんか、ネコシャドウ出たw」

「ゲッショー、きたw」

「ここで”はい”を選ぶと、(AMの)戦闘になりそうな予感www」

「これさ〜、同じ場所だし、AF終わってからできない?」

「まて!俺、金貨もってない!」

「亡国の墳墓」未クリアのフレさんがいましたので、その日はAFだけにして、後日「亡国の墳墓」からやることになりました。

続きを読む
posted by izumi at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | FFXI日記 アトルガンM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

大団円

アトルガンに戻り、会社に顔を出したらば、ナジャ社長に皇宮からのお召しがあったとのこと。

一緒に行くからといわれ、着て行く服にちと悩み・・・今回はノーブルにしてみました。(笑)

なんとなく帽子を脱いじゃったのは、気分です。(/ω\)

 

皇宮には、アルタナ四国の特使が招かれておりました。

この特使がまた、ヴォルフガング、ハルヴァー、フォルカー、カラババという豪華な顔ぶれ。

ナシュメラはあらためて聖皇として姿を現し、これまでの経緯を謝罪して、戴冠を認めて欲しいと話し掛けます。

続きを読む
posted by izumi at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | FFXI日記 アトルガンM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

AM・少女の決意

パミミさんにお誘いいただいて駆け抜けてきましたアトルガンミッションも、いよいよ最終戦。

戦闘はナイズル島でのBF戦のみですが、アトルガンミッション最難関だそうです。

ですが、クリアした後のイベントがまたいいお話で、一瞬も目が離せませんでした。

この記事も、大団円へ向けて駆け抜けてみたいと思います。

お約束の、ネタばれっ!!
posted by izumi at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | FFXI日記 アトルガンM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

AM・巨人の懐へ

サラヒムセンチネル社に行くと、ナジャ社長が、アルザダール海底遺跡のことを妙に気にしています。

「何か、あるんじゃないのかい?」

【え〜っと・・・】

先日青AF3に行ってきましたので、化け物と戦ってきたと答えておきました。(笑)

どうも、社長はお宝があるという噂を、どこからか聞きつけてきた様子。

ナイズル島ルートメモを入手したことがバレてるのかもしれませんが、ひとまず社長はほっといて、ナイズル島監視哨へと向かいます。

何もないターゲットポイントがあるので、そこを調べると・・・。

アミナフが現われて、私達をスパイだと告発し、殺そうとします。

アルタナ4国の動きを知るため、わざとトラビアルスを殺さずに逃がし、ナイズル島ルートメモを持ったものが来るのを待っていた様子。

アミナフがけしかけたギアを叩きおとしてくれたのは、ほかならぬナジャ社長でした。

ナジャ社長とともにナイズル島のアサルトエリアに入り、アミナフと戦うことになります。

続きを読む
posted by izumi at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FFXI日記 アトルガンM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

AM・修羅の道〜巨人の懐へ

「亡国の遺産」〜「天狗の慧眼」で、東の国の密偵だったゲッショーと戦い、 これがルザフの側近フリットの計画らしいことが明らかになります。

ルザフとアフマウに危険が迫っているであろうとのゲッショーの言葉にしたがって、ハザルム試験場へと向かった私たちは、 そこで驚くべきものを見てしまいます。

ハザルム試験場の冥界の門で、ルザフはオーディンを呼び出し、契約を破棄しようとしていたのでした。

今回は、ストーリーだけです。m(__)m
posted by izumi at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FFXI日記 アトルガンM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。